レスベラトロールの効果|効能はなし?意外な秘密について紹介!

MENU

レスベラトロールの効果的な量は?

ブドウなどに豊富に含まれるポリフェノールの一種であるレスベラトロールですが、どんな効果を持ち、どれくらいの量を摂取すればよいのでしょうか。

 

レスベラトロールが最も大きな効果を発揮するのは美容です。どのような美容効果かというと、一つ目に潤いやハリの維持が挙げられます。

 

美しい肌にとって、肌表面の潤いやハリが大事です。レスベラトロールは肌の組織や、水分の保持などに必要なヒアルロン酸をしっかり守ってくれます。そして肌の弾力の維持が挙げられます。

 

肌の弾力は、コラーゲンとエラスチンの二つのたんぱく質の働きにより維持されています。しかし、肌に紫外線があたると肌の炎症がおこり、これらのたんぱく質を分解する酵素が活性化します。

 

レスベラトロールは、コラーゲンとエラスチンを守り、肌の弾力を維持することができます。その他にも美白やニキビ予防、老化防止などの効果も得られます。

 

レスベラトロールは、ブドウやサンタベリーという果実、ピーナッツの皮やアーモンド、ココアなどに多く含まれています。

 

1日の摂取目安量は明確にはなっていませんが、1日にグラス2から3杯の量のワインの摂取は効果を発揮します。飲み過ぎには気をつける必要があります。

 

 

 

レスベラトロールの効果はあり?なし?

レスベラトロールの効果がありか、なしかについてお答えいたします。

 

そもそもレスベラトロールとは、赤ワインなどに多く含まれるポリフェノールの一種です。以前の研究結果では、長寿遺伝子とよばれるサーチュイン遺伝子が活性化される事が、実験の結果から証明されています。

 

しかしこれはマウスによる実験結果のため、マウスと人間の体重差で計算すると、毎日赤ワインを100本も飲まなくてはならない計算になります。

 

近年の研究結果ですと、サーチュイン遺伝子は長寿には関係ないと証明されましたし、ガン予防にも効果なしの結果でした。これは赤ワインによる健康愛好家にはショックな報告でしょう。

 

最近では、レスベラトロールはサーチュイン遺伝子に間接的に働く事が分かっています。

 

またメタボリックを予防したり、認知症予防について更に研究されていますし、EDや男性更年期、糖尿病にも効果があるのではないかと研究され始めているのです。

 

レスベラトロールが配合されているサプリメントが数々発売されており、その効果についてありかなしか、物議をかもしているのが現状ですが、レスベラトロールがサーチュイン遺伝子に何らかの作用をもたらすのであれば、今後の研究に期待したいところでしょう。

 

 

 

レスベラトロールの効果・効能とは?

最近話題の成分の一つにレスベラトロールというのがありますが、その効果・効能がどういうものかご存知ですか。

 

まず、レスベラトロールというのはポリフェノールの一種です。ポリフェノールとは赤ワインに含まれている色素のことで、高い抗酸化作用があります。つまり、レスベラトロールとは抗酸化効果のある成分のことです。

 

肌や内臓組織は、体内細胞が発生する活性酸素により酸化してしまいます。細胞は酸化すると、金属同様にその機能が低下してしまいます。これが老化を引き起こす原因なのです。

 

肌はこの酸化により保水力・保湿力が低下して、シワやシミなどのエイジングサインが現れやすくなります。

 

また、内臓組織は酸化することで正常に働きづらくなり、免疫力が低下するため、生活習慣病などになりやすくなるのです。しかしレスベラトロールには、この老化の原因である活性酸素を除去する効能があります。

 

そのためアンチエイジング効果が高く、美容成分として注目を集めているのです。レスベラトロールにはこのような効果・効能があります。そのため、美容ドリンクやスキンケアに配合されているのです。

 

また、この成分を経口摂取することで生活習慣病を予防する効能も期待できます。

 

 

 

トランス型に期待できる事とは?

長寿遺伝子を活性化する効果が期待できるということで、注目を集めているレスベラトロールには、「トランス型」、「cis型」の二種類に分類されます。

 

ちなみに、「トランス型」は安定した分子構造が特徴で、「cis型」は太陽や熱に弱い不安定な構造を持っています。現在、健康食品として提供されているものの多くは、「トランス型」のレスベラトロールです。

 

なお、レスベラトロールは、1939年にバイケイソウという植物からResorcinol構造を持つ抗酸化物質として発見されたのが最初です。このために、バイケイソウの英名Veratrum albumとResorcinolを組み合わせて、Resveratrolという名前が付けられています。

 

その後、2003年にハーバード大学の研究チームにより、長寿遺伝子を活性化する効果があることが明らかとなったために、世界中でブームを巻き起こしています。

 

このレスベラトロールは、ベリー系のフルーツやぶどう、アーモンドなどに多く含まれているのですが、効果を得るためにはサプリメントを利用するほうが適当です。何故なら食品からの摂取は、充分量を補給することが難しいためです。

 

実際に、レスベラトロールを含む食事を摂取する習慣のある地域を対象とした追跡調査では、顕著な効果は確認されませんでした。

 

 

レスベラトロールについてもっと詳しいサイト

レスベラトロールを説明していきましたが、これ以外にもレスベラトロールについてはたくさんの情報があります。

 

もしレスベラトロールについてもっと詳しく知りたいということであれば、ここに載せたウェブサイトを見てみることをおすすめします。